中浜 彩

院長 中浜彩

■経歴

神奈川歯科大学歯学部 卒業

神奈川歯科大学附属病院 臨床研修

世航会 世田谷デンタルオフィス 勤務

浜瀬歯科医院 勤務

愛知学院大学附属病院 冠橋義歯学講座 非常勤助教

ワイワイデンタルクリニック鈴鹿 理事/院長就任

ナカハマデンタル 開設

■所属団体

津歯科医師会・三重県歯科医師会・日本歯科医師会

日本補綴歯科学会

日本スウェーデン歯科学会

愛知学院大学附属病院 補綴科医員

歯磨きの大切さを伝えていきたい。



みなさん、毎日歯磨きしてますか??

殆どの方は、毎日2回は歯磨きをされていると思います。

 

ここ10年で、若者を中心に口腔ケアの意識は向上していますが、正しい歯磨きが出来ている日本人は殆どいないと言われています。

当院では、訪問での治療・口腔ケアだけではなく、日常の歯磨きを患者さまや、施設のご担当者・ご家族への指導も含めお口の健康を考えていきます。


私が推奨しているのは、予防先進国であるスウェーデン式予防歯科です。

長寿化社会、国民皆保険など、共通する社会背景を持つ日本とスウェーデン。ところが歯の寿命においては、両国の間で大きな差があります。

格差を生み出す理由は二つです。


・歯の治療スタンスの違い

「歯が悪くなってから治療する」日本スタイルと、「歯が悪くなる前に予防する」スウェーデンスタイルの差です。

事前に予防をした方が、歯を残すことだけでなく、長期的にみた医療費の削減に繋がります。


・歯磨きに関する意識・知識の違い

スウェーデンでは、歯磨きや歯医者さんごっこが、幼児遊びに取り入れられています。

歯磨きに対して、子供から大人までポジティブに取り組んでおり、幼少期からの予防教育は、世界の歯科医療の手本とされています。


日本でもスウェーデン方式の予防歯科を浸透させていくことが、わたしの想いです。

まずは地元津市から、歯磨きの大切さを説いていきます。